中学受験個別指導塾などの個別指導塾では

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

中学受験個別指導塾などの個別指導塾では、厳しい採用試験に受かった教師が、厳格に教師1人生徒2人の指導比率を守って、生徒指導を一人ひとりのカリキュラムに基づいて行っています。

「解説」と「演習」を2人の生徒が交互に行うため、時間の無駄もありません。問題演習も、解説を受けた後であるため効果的に行うことができます。すぐに教師の解説が分かったかどうか、ということが分かるためやる気も出てきます。

もし、分からない箇所があると、その箇所を教師にすぐに解説してもらうことも可能です。

そのため、授業はフルに時間を活用することができる効率的なものです。一方的に教師から与えられるまま、あるいは教えられるままというような指導では、学習姿勢も学力もマスターできません。中学受験個別指導塾では、「自分自身で学習する力」を育成するため、しっかりと授業中に考えることを大事にするように指導しています。

小学生から高校生まで、個別指導ということが非常に要求されるのは、最終的には「授業は自分に合わせたものを行って欲しい」というような生徒たちの強力な要求があるためなのです。一人ひとりの生徒の状況というのは、非常にいろいろなものがあります。例えば小学生の場合についてご紹介しましょう。

中学受験を目指している生徒の場合と分数のかけ算が分からない場合の生徒では、学年はたとえ同じ場合でも要求されているものは異なっています。一方、中学生の場合では、私立の中学に行っている場合の生徒と公立の中学に行っている場合の生徒では、教科書も授業の進み方も違っています。

中学の同じ生徒でも、習い事の曜日が多くあったり、クラブ練習が毎日あったりすると、授業の時間や曜日やテキストが決まっているような集団塾を効果的に利用するようなことはできません。さらに、一人ひとり生徒は個性が違っています。生徒たちのいろいろな要求に応えることが可能で、そして指導が確かな経験でできる、というものが個別指導塾なのです。

個別指導塾の最大のメリットの一つとして、「自由自在に学習をどこからでも開始することができるカリキュラム」があります。徹底的に現状の把握を行って、目標までの一番の早道を設定します。柔軟性をカリキュラムには持たせているため、受験直前の時期や定期テスト前に指導回数や指導強化を多くすることもできます。

つまり、一番大事な学習のみをそれぞれの時期にすることが可能なのです。