中学受験にはどのようなコースやメリットがあるのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

中学受験にはどのようなコースがあるのでしょうか?
中学受験というのは、主としてコースが二つに分かれます。
一つの中学受験のコースとしては私立学校のもので、もう一つの中学受験のコースが公立の中高一貫校のものです。
いずれの場合も、選抜方法としては学力テストが行われています。
また、公立の中高一貫校の場合には、適正検査も同時に行われています。
また、入学試験の科目についても、算数、国語、社会、理科の四教科の場合や算数と国語の二教科の場合など、学校によっていろいろのようです。
入学試験に出される問題というのは、ほとんどが小学校で教育を受ける範疇以外のものであり、入学試験に受かるためには学習塾などで授業を中学入試のために受講することが必要でしょう。
同じ中学校において、入学試験の科目は、二科目受験と四科目受験のどちらでも受験することができるような中学校がありますが、近年の場合には二科目受験の方が難しさが非常にアップしているとも言われています。
また、国立中学において以前行われていたような選抜を抽選によって行うようなことは、全国的に止めるような流れになってきています。
中学受験の場合には、適正検査と言われているテストが公立の中高一貫校を受ける際にはあります。
このテストの場合には、出題される問題としては算数や国語などの範疇ではないような総合的なものが出されます。
例えば、作文や聞き取りの問題などが多く出題されます。
このような中学受験を受けて進学する場合には、どのようなメリットがあるのでしょうか?
中学受験を受けて進学するメリットとしては、中学校ではよく面倒を見てくれることや環境面において施設などが充実していること、大学へ進学する場合に有利になる、風紀が良いためいじめが無い、中高一貫校の場合には高校を受験しなくてもいい、というようなことがあります。
このようなメリットの根底にあるのは、公立中学に対して保護者が満足していないこと、さらに私立中学に対して保護者が期待していることがあります。
中学受験を希望する際には、子供をやはり学習塾などに行かせる必要があります。
理由としては、中学受験の試験問題というのは一般的な小学校の教育では解答することが難しいためです。
そのため、学習塾などで学習を改めて行うことになります。
しかしながら、中学受験の際にはしっかり保護者は子供と話し合うことが必要です。
親子でしっかり話し合って、子供の意見も十分に聞いて、中学受験を行うか決めるようにしましょう。

2014年4月10日