中学受験をする上で必要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

 中学受験が高校受験、大学受験と大きく異なることの一つに「本人の意思」があります。
中学受験を自ら進んで受験しようとするお子さんは珍しく、親の意思で受験する子供がほとんどです。
無理矢理やらされていては成績など伸びるわけがありません。
 そこで、中学受験をするにあたって重要なことは本人の意思を高めることです。
では、子供達はどのようにやる気をあげていくのでしょうか。
やる気をあげるのに必要なことが3つあります。
①適切な情報を与えられているか
②決断は自分で下せているか
③達成感はあるか
以下それぞれを詳しく説明します。

①適切な情報を与えられているか
 勉強するに当たって、何の情報もなければやる気は上がりません。例えば自分がどこの中学に行くのか、どのレベルの勉強をしているのかわからなければ勉強する目的が不明確になります。そこで、自分の状態であったり、志望校の状態などを知っておくことは非常に重要です。志望校を一度見学に行って雰囲気を知ることも効果的かもしれません。
②決断は自分で下せているか
 これは非常に重要なことです。
しかし、子供達は自ら適切な決断が出来ない場合が多々あります。そこて重要なのは、あらかじめ選択肢を用意しておいて、最終決断を子供にさせるということです。
例えば、課題などを2通り出し、どちらの課題をするか自分で決断させることで、責任が生まれやる気があがります。自分でこの課題を選んだのだからやらなければいけないという感じです。
中学受験することも自分で決断したと思い込ますことが重要です。
③達成感はあるか
 何をするにも達成感がなければやりがいが生じるわけがありません。そのためには自分のレベルにあった問題を解くことが重要です。難しすぎても、簡単すぎても達成感は生まれません。自分の実力よりも少し上くらいの問題に取り込むことが重要です。
また、課題を達成した時に褒める事も重要です。成果の報酬として何かを得る事がなければやる気は起きません。何かは何でも良いのですか、子供との信頼関係を高めることも出来るため、褒める事が非常に重要になってきます。
 以上の3つがバランスよく存在しているとき、子供のやる気はあがります。
何においても無理矢理することはよくありません。決して楽なことばかりではありませんが少しでも本人の意識が上がり自らやる気を起こしていただければ成績は後からついていくものです。
以上が中学受験をする上で必要なことです。

2014年4月11日