中学受験時の家庭教師を選ぶときのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

中学受験の用意を行うときには、塾に通わせるほか家庭教師を雇うのも有効になってきます。
とくに、家庭教師を雇うことで、ほかの習い事を行っているお子さんでもスケジュールを気にすることなく勉強していけますし、夜間の子供の送り迎えが難しいという時でも、家庭教師であれば問題なく勉強をおこなっていくことができます。
このように、家庭教師を雇うことで負担なく中学受験に臨めるようになるのですが、アルバイトではなくプロとして活躍している家庭教師を選ぶことも頭に入れておきましょう。

学生のアルバイトとして家庭教師を行っている場合、責任感の点で大きな不安を抱えてしまいます。
充分な責任感を持って働いてもらわないと、正しい知識を得ることができませんし、せっかく中学受験にお金をかけた金額が無駄になってしまいます。
その点プロの場合には、確かな学力を持っているため、質問したとき正しい回答をもらうことができますし、働くうえでに責任感を持っているため、常に向上心を持って知識習得に励んでいます。
プロとしての自覚を持っている家庭教師にお願いすることにより、子供の学力も向上させることができるのです。

さらに、家庭教師を選ぶときには、身なりや挨拶についても確認しておくようにしましょう。
家庭教師を利用した場合、決められた時間に来てもらうことになるのですが、この時間に遅れてくるようですと信頼することができません。
また、家庭教師が来たときろくに挨拶を行えないと、社会人としてのマナーを身に着けていないと判断せざる負えなくなってきます。
中学受験では、学力だけではなく正しいマナーなども厳しくチェックされていくことになります。
子供は吸収が早いため、マナーのなっていない家庭教師と長く過ごすことにより、性格もだらしなく変化してしまう場合もあるのです。
また、言葉遣いや来る時間帯について問題がなかったとしても、身なりがおろそかになっていることで、細かな点まで気を付けることができない心配がありますので、選ぶときには時間厳守が徹底していたり身なりや言葉遣いがよい家庭教師を選んでみるとよいです。

これらの点に気を付けることで、納得してお願いすることができるのですが、中学受験のためには料金の点についても考えておかなければなりません。
中学受験のためには、追加料金がかからない適正な家庭教師を選ぶことでトラブルなくお願いすることができますので、この点にも注意してみるとよいです。

2014年4月10日