中学受験は親子それぞれの努力がかみ合えば成功します

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

今の日本、正直いって生きにくいようになっていると感じます。そんななか親が子供に対してもやってあげられること、と考えたら、学力をつけてあげることだと思いませんか。学力が付く=自分で考えられるようになるというふうに思えばいいんですね。いい学校に入るという以外にも、自分で考える力をつけさせるというのは、大人になってから本当に役にたつはずです。
 しかし収入に歴然とした格差があるように、学力にもはっきり格差が表れているのが現実です。なにもしないで漫然と公立中学に進むよりは、学業に関する環境が整っている私立中学に進んだ方がいい子供もいます。希望中学に入学しようと思うなら早い段階から中学受験の準備をしておくべきですね。
 中学受験に成功するにはいくつかコツがあります。単純にテストでいい点をとろうとするなら、受験テクニック的な指導が上手な塾へ通わせるのが一番でしょう。しかし子供に「自分から進んで勉強する姿勢」というものを身につけてほしいなら、塾に通わせるだけでは足りません。自宅での親からの働きかけが非常に重要になってくるのです。
 ではいったい、どうやったらこどもにやる気を起こさせるのか。子供の中学受験に対するモチベーションを持ち続けさせるにはどうしたらいいのか。
 具体的には、成功体験を重ねることのよって、本人に「自分はやればできる」という自己肯定感を強く持たせることにつきます。勉強についての成功体験はとくに大きなものでなくてもかまいません。むしろ自宅で親が誘導するなら、ごく簡単な課題を親がいない状態でもこなすようにさせるといいですね。ひとりでもやれた→親が認めてくれた→明日もやろう→塾のテスト点数が向上するという、良好なパターンが確立されれば子供は勝手に勉強をし始めます。大事なのは一番最初の「親がいなくても、課題をこなす」という点ですね。これは課題の選び方が肝心です。あまり難しいものを大量に出すと子供は手が出ません。簡単なものを少しずつ出すようにして、次第に量とレベルを調整していきましょう。
 中学受験を勝ち抜くもうひとつのコツは、親が過熱しすぎないことです。子供の中学受験というと、どうしても親が過干渉してしまい、子供がやる気を出す前にすべての準備を整えて、方向性を決めてしまう傾向があります。中学受験の場合、親にとって大事なのはむしろ子供との距離をとることなんです。子供の評価はあくまでも子供のもの。テストの点がよくても親がほめられているわけではないし、悪くても親のせいではないんです。自分と子供は全く別の人生を進んでいるのだということを、受験生の親は自分の頭に叩き込んでおく必要があります。親にとっては、自分をセーブしながら子供どっぷりの生活にならないようコントロールすることこそが、子供を的確にサポートする道でもあります。
 子供は子供でがんばる。親は親でがんばる。両方がそろっていないと成功しないのが中学受験です。親子にとって最善のゴールに向かって、一歩ずつ進んでいきましょう。

2014年4月10日