中学受験を経験することのメリットとその対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

中学受験は簡単なものではありません。義務教育である公立中学校には誰でもいけるのに対し、私立中学には入試が課され一定の成績がなければ合格することができません。さらにその中学受験にパスするには公立小学校の勉強だけでは間に合いません。したがって中学受験には小学校の高学年の頃から受験勉強するために、専門の進学塾に通う必要があります。
遊び盛りの小学校の高学年時を勉強に注ぎ込むのは子供の人生にとって酷なことに違いありませんが、それだけのメリットが中学受験にはあります。
まず私立中学は公立中学と異なる学習環境があります。
一般に私立中学の教員の採用基準は厳格で、その門戸は公立中学よりも狭いものになっています。その結果、私立中学の教員のレベルは公立中学よりも高く、当然ながら講義の内容は公立中学に比べるとハイレベルになっています。
また、私立中学は入試の段階で生徒が選抜されているため、いわゆる「落ちこぼれ」や「問題児」のような生徒が存在しません。したがって、子供がいじめに遇う危険性も公立中学に比べれば格段に小さく、安心して子供を通学させることができるのです。
また私立中学は独特の教育カリキュラムを組む傾向にあります。
たとえば中高一貫型の私立学校だと、文部科学省が定めている必修単位について前倒しで済ませてしまい、高校3年時にには受験勉強に専念できるようなカリキュラムを組んでいたりします。このように勉強が得意な子供向けのカリキュラムを組んだ環境だと、自ずと東京大学を初めとした難関大学に合格する可能性が高まるのです。
他方、有名私立大学付属の中高一貫校だとエスカレーター式に大学に進学できるため、大学入試におけるリスクや負担を極端に減らせるという利点があります。また有名私立大学付属の中学だと独自教育に優れていて、たとえば英語の単位を通常の公立中学の倍に増やしてあったり、外国人の講師が毎週講義を担当したりして、より確実に英語の習得ができるように配慮されていたりします。
このように私立中学に入学することには様々なメリットがありますが、それには中学受験をクリアする必要があります。
中学受験をクリアするコツの1つに、徹底した過去問分析があります。
私立中学の教員は転勤することが極めて希です。つまり去年国語の入試問題を作成した教員は、今年も来年も、国語の入試問題を作成する可能性が高いのです。その時、過去問を徹底的に取り組んでいれば、問題を作成する教員の癖や好みに慣れているため、入試本番の問題に対しても慣れた状態で取り組むことができ、入試を有利に運ぶことが出来るのです。
大手進学塾が行っている全国模試によって弾き出された偏差値や合格判定はあくまでも目安でしかありません。
志望校の過去問5年分を3回から5回ずつ解いて、すべての科目の回答を暗記してしまうくらいの状態になっていれば、格上の志望校であっても合格できる可能性が高まるに違いありません。

2014年4月11日