中学受験のメリットとデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

自分の子供の中学受験の体験から、中学受験のメリットとデメリットについてご紹介しましょう。まず、中学受験のメリットをご紹介しましょう。
中学受験のメリットは、反抗期の前であったため、先生や親のアドバイスなどを素直に案外と受け入れてくれたことです。
これが、高校受験の中学生の場合には、反抗期なのでこのようにはいかなかったと思います。
きちんと親が理由やデータを説明してアドバイスを行っても、聞く耳はたぶん持たなかったでしょう。
中学受験のメリットは、学習塾に行って、勉強法を正しく教えてもらった上で、自分に適した勉強の方法をマスターすることができたことです。
中学校に入学した後3年間は義務教育になりますが、勉強はその後も一生続きます。
中学受験でマスターした勉強の方法というのは、どのような勉強においても共通のものがあります。
そのため、希望の中学校にたとえ受からなかったとしても、積み重ねてきた経験と知識は、宝となって確実に残ります。
中学受験のメリットは、勉強が楽しいと思うようになったことです。
勉強を学試塾のように行ったらいやになるのではないかと考えていましたが、学習塾の勉強の方が小学校の授業よりも楽しいと子どもは言っていました。
特に、学習塾の先生は知識が非常に豊富で、先生が授業中に話してくれることは非常に楽しく、受験勉強ということを本当に忘れさせてくれるようであったと子どもは話していました。
中学受験のメリットは、親も大変勉強になることです。
子どもと勉強を一緒にしていると、非常に楽しく、どんどん知識が溜まっていきました。
一方、中学受験のデメリットについてご紹介しましょう。
中学受験のデメリットは、お金が必要であるということです。
我が家の子どもが通っていた学習塾の場合、6年生の時には毎月の塾代が4万円なので年間で48万円、夏季講習で20万円程度、春、冬季講習で15万円程度ということで、塾代のみで年間に80万円程度は必要であったということになります。
学習塾にもよっても違いますが、6年生の間のみでこの程度は必要であると考えておきましょう。
中学受験のデメリットは、学習塾が忙しいため、別の習い事が継続できなくなることです。
6年生の夏以降は、特に学習塾の計画で一杯になってしまいます。
中学受験のデメリットは、中学受験に家族みんなが振り回されることです。
受験生というのは小学生であるため、親が助ける必要があります。
中学受験の話は、きちんと他の兄弟にもしておきましょう。

2014年4月11日