中学受験は親が目的を持つことが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

「中学受験したい」と子どもが言い始めたのであれば、全く問題ありません。
中学受験したいと子どもが言い始めた理由はさまざまあるでしょう。
例えば、有名な大学に入りたい、司法試験に受かりたい、などというような理由があると思います。
子どもは、目標があるため、勉強をどんどん自分で行っていくでしょう。
しかしながら、中学受験させたいと保護者は考えているが、その気が全く子どもはないというような場合はどうすればいいのでしょうか?
そのような場合は、子どもをとにかく説得する必要があります。
塾に無理やり通わせても、お金が無駄になります。
では、子どもを説得するためにはどのようにすればいいのでしょうか?
そのためには、強い意志とはっきりした目的を保護者が持つことだと考えます。
保護者が子どもに対して、「このような目的があるために中学受験をするのだ」ということをきちんと示してあげることです。
この場合の目的は、それぞれの家庭によって違ってくると思います。
自分の場合は、子どもを説得するために次にご紹介するように言いました。
3年間地元の中学校で勉強をしても、大事な中学校の間が無駄になるので、高い志を持った人が集まっている中学校で高いレベルの学習をして欲しい。
中学校というのは義務教育なので、必ず受ける必要があるため、勉強をどうせしなくてはいけないのであれば高いレベルの勉強をした方が非常に得だ。
ある程度高いレベルの勉強をしないと、社会に出てから役に立たないのであるから。
親は、いい大学に受かって欲しいと考えているのではない。
中学校の3年間でしか、本当に社会に出てから役立つ知識のベースは作れないと考えるので、中学受験によって中高一貫校に入ってもらいたい。
このように子どもに言って説得しました。
実際、地元の中学校が低いレベルというのは、授業を参観してみて確認していました。
現在は、多くの学校で授業を誰でも参観できる日が設定されているため、公立の地元の中学校を一度のぞいてみましょう。
そして中学受験を決めると、誰から言われようとも迷わないことです。
近くの人などは、子どもがかわいそうといろいろ言ってくるでしょう。
しかしながら、くだらない低いレベルの授業を地元の中学で3年間も受けることの方がもっとかわいそうです。
なお、中学受験の子どもを持っている親におすすめしたいような本もあります。
このような本を読んでみると、中学受験の目的がはっきりしてくるはずです。

2014年4月11日