中学受験直前における勉強の進め方と過ごし方

幼稚園もしくは小学校のお受験を経験した子どもたちであっても、中学受験というのはたいへん緊張するものです。幼少時は保護者主導で試験へ臨むことになりますが、中学受験の場合は自らの意志で志望校を決定するという子どももいますので、まさに進むべき人生の道程を決定づける出来事なのです。そのため冬休みから試験本番である2月はじめにおける勉強の進め方と過ごし方というのは、試験結果に大きな影響を与えることになります。
まずは試験当日に実力を発揮できるように健康状態を気遣っていかなくてはなりません。試験の追い込みでこれまで通い続けてきた塾へ毎日でも行きたくなるというのは当然のことですが、インフルエンザが蔓延しているのであれば自宅で勉強をするという選択肢を尊重しなくてはなりません。この時期になれば、塾で新しい学習内容に取り組むということはまずありませんから、自宅においてできるだけ志望校の出題傾向と似通った中学受験の過去問題に取り組んでいくことにより自信をつけることができます。志望校の過去問題を完璧に解けるようにしようとするケースもありますが、出題傾向は変わらないとしても全く同じ問題が出題されるということはまずありませんから、あまり固執せずに塾の講師や家庭教師が選別した学校の過去問題を解いていくことが大切なのです。また、試験時間に馴れるように時間を計って解いていくということも一つの学習方法ではありますが、貴重な時間を無駄にする必要はないので見直しがある程度済んだのであれば、すぐに答え合わせをしても構いません。試験時間の感覚というのは、これまで塾の模擬試験などで何度も経験を積んできている子どもたちが多いですから、直前になってまで時間にこだわる必要はないのです。
そして中学受験に臨む子どもを支える保護者としては健康面をしっかりと管理していかなくてはなりません。特に睡眠時間をしっかりと確保してあげる必要があり、試験に対する緊張で眠れない場合は自宅内で少し体を動かすというのも一つの手です。そして中学受験当日の朝、学校へ行くまでの道のりで迷わないよう子どもと一緒に朝早くから出掛けて経験を積むという保護者もおりますが、満員電車は風邪やインフルエンザのウイルスが充満している可能性がありますし、体力を激しく消耗してしまいますので、そのような経験は秋ごろに済ませておくと良いです。安心を得るためには保護者だけで、志望校へ1月頃に中学受験当日の時間帯に合わせて行ってみるのが望ましいです。

2014年4月10日

中学受験の準備は何年生から始めたらいいのでしょうか?

中学受験というのは、小学校の早い段階から準備を行う必要があるということが言われています。
では、中学受験の準備というのは、小学校の何年生から始めたらいいのでしょうか?
ほとんどの学習塾においては、中学受験に対して勉強が小学校の4年生から始まります。
しかしながら、小学校の4年生から入学試験の問題をいきなり解き始めるということではありません。
入学試験の問題を解くためには、しっかりした「計算力」と「語彙力」が必要になってきます。
この「計算力」と「語彙力」のベースを、しっかりと小学校の4年生の段階で固めます。
さらに、これをベースにして、5年生と6年生の段階で難解な入学試験の問題を解くことが可能な力を、積み重ねていくのです。
入学試験の問題を実際に解き始める時期というのは、ほとんどの学習塾では小学校の6年生の夏以降ということのようです。
そのため、この小学校の4年生の段階でベースをしっかりと作っておかなければ、5年生、6年生の段階になってから、学力がグラグラしたものになってしまいます。
では、どうして小学校の4年生から中学受験の準備を始める必要があるのでしょうか?
中学受験の準備を小学校の4年生から始めるのは、次に示すような理由からです。
・小学校の1年生から3年生までの間に、小学校の学習において一通りの四則計算を習う。
・小学校の4年生の頃になってくると、イメージしやすいような言葉や目に見えるものを表す言葉だけでなく、イメージしにくいような言葉や目に見えないものを表す言葉も理解することができるようになる。
小学校の1年生から3年生の段階においては、りんご、手、机などのように目に見えるものを表す言葉や、おもしろい、重い、高い、熱いなどのようにイメージしやすいような言葉を理解することがせいぜいです。
というのは、脳は難しい大人が使用するような言葉が理解できるところまでは発達していないということです。
イメージしにくいような言葉や目に見えないものを表す言葉というのは、例えば、抽象的、楽観的、義務、権利などというような言葉です。
このような言葉を説明する場合には、大人の場合でも、うまく説明ができるような人はそれほど多くないでしょう。
このような理由から、中学受験の勉強の準備を小学校の4年生から始めるのが最もいいと言われているそうです。
ほとんどの学習塾において、「中学受験コースを4年生から設けている」というのはきちんとした理由があるのです。

2014年4月10日

中学受験で重要なのは算数を解くこと

中学受験では算数の重要性が非常に高いと言われており、多くの子供が苦労する分野でもあります。中学受験に出てくる算数は、中学の数学以上に難しいものも存在し、発想力と普段の応用が求められます。そのため算数の勉強は必要以上にしなければならず、受験対策として非常に重要な部分になってしまうのです。
算数が苦手だという子供にとって、中学受験の算数は相当難しく感じるはずです。投げたくなるような感じさえうけるかもしれませんし、大人であってもその問題は難しいと感じてしまうことが多いです。それほどの難易度に向かっていくことになりますから、対策は重点的に取らなければなりません。それができなければ、不合格ということに繋がります。

具体的にどのような問題が出題されるのかという話ですが、ほぼ間違いなく出題されるのが面積関連の問題です。小学校では簡単な面積については学習するのですが、中学受験で出てくるのは数学のような問題です。明らかに習っていないようなものが出てくるのは仕方ないのですが、これは小学校の応用で解くことができるのです。受験対策ではこうした部分を念入りに行うことで、合格の確率が上がると思います。同様に円に関する問題も出題されやすく、この場合は複数の出題がされることも多いです。
中学受験を考えているのであれば、過去にどのような問題が出題されているか確認をした方が良いと思います。これによってどのような問題が毎年出題されるかがわかりますから、傾向を掴むことができます。闇雲に勉強をしても、子供の学力では覚えられる内容に限界があります。ピンポイントで覚えさせることによって、合格までの道のりを平坦にすることができるのです。

近年は算数の出題傾向は非常に難しくなっており、どの分野が出題されるのかを読んだとしても、内容が難しすぎてわからないということがあります。そのような状況に対応するためには、日頃から単純な問題を解いて、応用が効くように調整しておくことが重要です。知識さえあれば、後は発想力で解決できる事案もあります。中学受験で求めている所は、こうした発想力が十分にあるかどうかを見ているのです。
対策をするのは難しいかもしれませんが、中でも難関である算数については十分にしておきましょう。生半端な気持ちで向かっても解けない問題ばかりです。特に算数の中でも迷いがちな面積と円については、それなりに答えられるように対策を立ててください。

2014年4月10日

中学受験は積み重ねが大切

基本的に中学校へは自動的に進学することになり、受験をするということはあまり考えません。特に地方にとっては自動的に学校へ進学させた方が、それなりに費用面で安定することが期待できます。しかしもっといい勉強を受けさせたい場合や、中高一貫校への進学を目指すのであれば、受験による進学を目指すことになります。その際に行われるのが中学受験です。
中学受験では小学校で学習する内容について出題されるのですが、その範囲を超えている物も当然あります。受験を考えているのであれば、塾などへ行って対策をすることが求められます。対策をしないまま受験をしても、合格することは難しいのです。

中学受験のための対策講座を行っている塾も当然あります。期間を設け、その間に受験対策を済ませるという方法です。この期間外では通常の家庭学習を進めていき、小学生で学ぶ全ての知識をもう1度確認します。中には柔軟な発想が求められるような問題もありますので、その対策もしっかりと済ませなければなりません。自分で考えて問題を解くということを身につけておくのが一番大切なことです。
家庭教師を利用して、中学受験対策をするのも1つの方法です。家庭教師の方は、中学受験に関する対策も行っています。どの中学を狙うのかを伝えれば、過去の問題から傾向を探り、それに合った対策をしてくれます。なかなか個人でできる対策には限界がありますから、他の人の手を借りるというのも1つの方法でしょう。それによって合格することが出来れば、更にいい勉強を教えることができるのです。

こうして中学受験に関する対策を日々積み重ね、最終的に全力を出せるように努力してなければなりません。本番前には本番さながらのテストも当然行って、現在の学力で問題が無いのか確かめておきましょう。この時点で合格ラインを越えられているようであれば、中学受験を突破することは容易なことです。一方でラインをした話待っているようであれば、より努力することが求められるでしょう。子供は小さいので投げだすかもしれませんが、そこは厳しく言っておかないといけません。
これからは中学受験を受ける家庭も増えてくるのではないかと思っています。より子供にいい環境を提供するためには、別の中学校へ行くことも考えなければならないのです。受験に合格しなければ入学することはできません。子供にとっては辛いことかもしれませんが、親として出来る限りのことはしてあげるべきでしょう。

2014年4月10日

中学受験対策はいつから始めるのか

最近は受験戦争も低年齢化しており、
なかでも中学受験というのは、本当に熱くなる親御さんが多くなりました。
少しでもいい中学校に自分の子供を入れてあげたいと思うのは普通のことであり、親の務めでもあります。
そのためには、お子さんと一緒になって中学受験に立ち向かっていかなければなりません。
ではそんな中学受験の対策はいつから始めるべきなのでしょうか。
答えは小学校に入った時点でもう戦いは始まっています。
今は小学校低学年でも非常に大切な時期とされています。
では実際には何をしていけばいいのでしょうか?
小学校低学年では算数を重点的に勉強しましょう。
そろばんやフラッシュ暗算のような数字に強い子にしてあげることが大切です。
数字というのはどの学習でも必要になってきます。
数字に抵抗がなくなるといろいろな勉強が身に付いてきます。
低学年ではまず数字に慣れさせてあげることが大切なのです。
無理に読書や英語を勉強させる必要はありません。
そして、自由に外で遊ばせてあげることも非常に重要です。
賢い子というのは勉強ができる子ではありません。
どれだけ発想力があるかが重要です。
この発想力というのは机に座っているだけでは身に付くものではありません。
外で遊ばせていろいろな発見をさせてあげてください。
そうすることで子供の発想力が延びてきます。
低学年では数字と発想力。この二つが重要です。
4年生や5年生では学習の基礎をとことん学んで行きましょう。
決して上を見て上級生の問題や中学受験用の問題を解く必要はありません。
とにかく基礎勉強を叩き込んで行きます。
基礎があっての応用とは誰しもわかっていることです。
まずはこの2年間で基礎勉強をしっかり行いましょう。
学校の教科書をしっかり毎日復習していくことが大切です。
毎日机に座って学習する習慣をみにつけましょう。
そして6年生です。
ここではまず志望校を決めなければなりません。
春のうちにはどこの中学校を受験するのか明確にしましょう。
中学受験が決まればあとはその中学校の過去問をひたすら解いて行きます。
今までで基礎は十分に身に付いているでしょうから、
あとはどこまでこの子が応用がきくのかの確認です、
過去問を解き続けることによって弱点が明確になってきます。
弱点を克服することもこの時期の大事なポイントです。
弱点を把握しそこを重点的に学習していくことで合格に近づいていきます。
中学受験の対策はいかに早く取り組み始めるかが重要です。
お子さんの将来を考えているのであれば、
親がしっかりと調整していくことが大切です。
親子で中学受験を乗りきりましょう!

2014年4月10日

中学受験は広く速く

中学受験のコツは、とにかく全て暗記すること。どこの中学を目指しているかで受験科目や勉強方法は異なるが、暗記は全ての科目に共通します。

中学受験の受験勉強はまず基礎を繰り返し、暗記することが1ステップ目となります。国語なら漢字、四字熟語、ことわざなどを覚えます。漢字検定で実力を測りながら学習するのも一つの手です。算数では、数式、計算方法を覚えます。社会なら人物、年号、事象を、理科なら法則、実験器具の名称、物質名など全て暗記してしまいます。いきなり応用問題を解いても首を傾げることになってしまうので、きちんと基礎知識を自分のものにします。

暗記の次は応用問題を解く練習です。中学受験に必要な理解力、考察力、論述力をつけます。難関中学では偏差値70とハードルが高くなってくるので、問題は基礎だけでは解けない応用問題が出題されます。中学受験本番で出題される応用問題は慣れが重要です。中学ごとの過去問を解いてどのような出題形式かを実際に解いてみるのもいいです。解いた後は間違っている問題の復習を忘れずにしましょう。

しかしながら、これでは点数がいまひとつ伸びません。中学受験の受験勉強は繰り返しが重要ですが、暗記、演習問題、復習を受験本番までに1サイクルで終わらせてしまっては、納得のいく結果が出ないことかと思います。重要なのは、このサイクルを何サイクルも反復することです。何サイクルこなしたかで点数に差が出てきます。よく市販の教材が売られていますが、教材1冊だけ終わらせるのと、別々の教材を5冊終わらせるのとでは歴然の差が生まれます。受験勉強もスピードと耐久勝負であるのは間違いありません。いかに効率的な反復ができるかです。暗記はこの反復をフィジカル面やメンタル面で速めるためのものです。受験に使うのではありません。実力をつけるためにあります。

後はどれだけスムーズに勉強していくかですが、邪心や疲れなどで勉強がはかどらないということもあります。それは誰でもそうなんですが、暗記から応用問題を解くまでに期間を1ヶ月空けないことは怠ってはいけません。人間が間違えず完全に記憶していられる期間は1ヶ月なのでこの間に1サイクルを終わらせてしまいます。忘れた知識のまま応用問題を解いても意味がないからです。逆に1単元を反復して1ヶ月行い1単元分の点数が伸びなかった場合は、基礎ができていない、受験で同じ失敗をする可能性が高いです。少し厳しいことかもしれませんが、今挙げた反復1単元が社会の縄文時代では12ヶ月社会の勉強で終わってしまいます。1ヶ月間に受験科目が4教科なら4教科分の反復を行いましょう。計画的な勉強方法として単元を12単元に割って1年で終わらせることも可能です。暗記の前に計画を立てることも重要なので、後悔のない勉強が大切となります。

2014年4月10日

中学受験にはどのようなコースやメリットがあるのでしょうか?

中学受験にはどのようなコースがあるのでしょうか?
中学受験というのは、主としてコースが二つに分かれます。
一つの中学受験のコースとしては私立学校のもので、もう一つの中学受験のコースが公立の中高一貫校のものです。
いずれの場合も、選抜方法としては学力テストが行われています。
また、公立の中高一貫校の場合には、適正検査も同時に行われています。
また、入学試験の科目についても、算数、国語、社会、理科の四教科の場合や算数と国語の二教科の場合など、学校によっていろいろのようです。
入学試験に出される問題というのは、ほとんどが小学校で教育を受ける範疇以外のものであり、入学試験に受かるためには学習塾などで授業を中学入試のために受講することが必要でしょう。
同じ中学校において、入学試験の科目は、二科目受験と四科目受験のどちらでも受験することができるような中学校がありますが、近年の場合には二科目受験の方が難しさが非常にアップしているとも言われています。
また、国立中学において以前行われていたような選抜を抽選によって行うようなことは、全国的に止めるような流れになってきています。
中学受験の場合には、適正検査と言われているテストが公立の中高一貫校を受ける際にはあります。
このテストの場合には、出題される問題としては算数や国語などの範疇ではないような総合的なものが出されます。
例えば、作文や聞き取りの問題などが多く出題されます。
このような中学受験を受けて進学する場合には、どのようなメリットがあるのでしょうか?
中学受験を受けて進学するメリットとしては、中学校ではよく面倒を見てくれることや環境面において施設などが充実していること、大学へ進学する場合に有利になる、風紀が良いためいじめが無い、中高一貫校の場合には高校を受験しなくてもいい、というようなことがあります。
このようなメリットの根底にあるのは、公立中学に対して保護者が満足していないこと、さらに私立中学に対して保護者が期待していることがあります。
中学受験を希望する際には、子供をやはり学習塾などに行かせる必要があります。
理由としては、中学受験の試験問題というのは一般的な小学校の教育では解答することが難しいためです。
そのため、学習塾などで学習を改めて行うことになります。
しかしながら、中学受験の際にはしっかり保護者は子供と話し合うことが必要です。
親子でしっかり話し合って、子供の意見も十分に聞いて、中学受験を行うか決めるようにしましょう。

2014年4月10日

中学受験に向けた学習塾を選ぶコツ

日本の企業の多くは学歴を重視する会社がほとんどだと言われていますが、特に近年ではグローバル社会による競争化によって、より一層学歴の重要性が増している状況です。そう言った学歴が重視される社会においては学生時代の時間をどのようにして勉強に割り当てるかということが、その後の子供の人生を大きく左右する要因となっていくのです。近年ではこういった背景によって受験勉強の重要性が再認識されているといわれており、特に中学受験の重要性が叫ばれ始めています。

中学受験という多くの学生にとって最初の難関を乗り越えることが出来れば、その後の学生期間を順調にスタートすることも不可能ではないのです。
一流企業への入社という子供と親御さんたちにとっての最終的な目標を実現するためには、中学受験に対しての万全な準備と対策を練ることが重要なポイントとなって行きます。中学受験に対する効果的な対策と準備には、学習塾に子供を通わせたり専属の家庭教師などを雇うことが最も効果的で効率的な選択肢であると世間一般的に言われていますが、それ以上に子供達の限られた時間を如何にして有効活用させるかが重要なキーとなっていくのです。

中学受験を控えている子供達の多くは遊び盛りの年頃ですが、そう言った遊びたい気持ちを我慢させて中学受験に対する勉強のみに専念させることが、何よりも中学受験を成功させるために大切なことだと言われています。このような子供達の遊びたいという心をコントロールして、より中学受験に向けて学びたいという心に変えていくことが、中学受験を控えた子供を持つ親御さんたちの共通した責務です。

中学受験に向けた勉強を行うために効果的なコツとしては、まずは学習塾の最初の選び方がとても重要となっていきます。最近では中学受験に特化した勉強カリキュラムを実践している学習塾が増えているため、学習塾を選ぶ際の選択肢は増えていますが、そう言った無数にある学習塾の中から子供の将来に最も有利になる学習塾を選ぶことは至難の業です。より良質な中学受験に向けた学習塾選びを行うためには客観的な情報が重要となって行きますが、そう言った客観的な学習塾の情報を手に入れることが出来る媒体がインターネットなのです。インターネット上の口コミサイトや情報ブログなどで、評判の高い学習塾を優先して選んで利用していけば、子供にとって最適な中学受験に向けた勉強をさせることができます。

2014年4月10日

中学受験は親子それぞれの努力がかみ合えば成功します

今の日本、正直いって生きにくいようになっていると感じます。そんななか親が子供に対してもやってあげられること、と考えたら、学力をつけてあげることだと思いませんか。学力が付く=自分で考えられるようになるというふうに思えばいいんですね。いい学校に入るという以外にも、自分で考える力をつけさせるというのは、大人になってから本当に役にたつはずです。
 しかし収入に歴然とした格差があるように、学力にもはっきり格差が表れているのが現実です。なにもしないで漫然と公立中学に進むよりは、学業に関する環境が整っている私立中学に進んだ方がいい子供もいます。希望中学に入学しようと思うなら早い段階から中学受験の準備をしておくべきですね。
 中学受験に成功するにはいくつかコツがあります。単純にテストでいい点をとろうとするなら、受験テクニック的な指導が上手な塾へ通わせるのが一番でしょう。しかし子供に「自分から進んで勉強する姿勢」というものを身につけてほしいなら、塾に通わせるだけでは足りません。自宅での親からの働きかけが非常に重要になってくるのです。
 ではいったい、どうやったらこどもにやる気を起こさせるのか。子供の中学受験に対するモチベーションを持ち続けさせるにはどうしたらいいのか。
 具体的には、成功体験を重ねることのよって、本人に「自分はやればできる」という自己肯定感を強く持たせることにつきます。勉強についての成功体験はとくに大きなものでなくてもかまいません。むしろ自宅で親が誘導するなら、ごく簡単な課題を親がいない状態でもこなすようにさせるといいですね。ひとりでもやれた→親が認めてくれた→明日もやろう→塾のテスト点数が向上するという、良好なパターンが確立されれば子供は勝手に勉強をし始めます。大事なのは一番最初の「親がいなくても、課題をこなす」という点ですね。これは課題の選び方が肝心です。あまり難しいものを大量に出すと子供は手が出ません。簡単なものを少しずつ出すようにして、次第に量とレベルを調整していきましょう。
 中学受験を勝ち抜くもうひとつのコツは、親が過熱しすぎないことです。子供の中学受験というと、どうしても親が過干渉してしまい、子供がやる気を出す前にすべての準備を整えて、方向性を決めてしまう傾向があります。中学受験の場合、親にとって大事なのはむしろ子供との距離をとることなんです。子供の評価はあくまでも子供のもの。テストの点がよくても親がほめられているわけではないし、悪くても親のせいではないんです。自分と子供は全く別の人生を進んでいるのだということを、受験生の親は自分の頭に叩き込んでおく必要があります。親にとっては、自分をセーブしながら子供どっぷりの生活にならないようコントロールすることこそが、子供を的確にサポートする道でもあります。
 子供は子供でがんばる。親は親でがんばる。両方がそろっていないと成功しないのが中学受験です。親子にとって最善のゴールに向かって、一歩ずつ進んでいきましょう。

2014年4月10日

中学受験時の家庭教師を選ぶときのコツ

中学受験の用意を行うときには、塾に通わせるほか家庭教師を雇うのも有効になってきます。
とくに、家庭教師を雇うことで、ほかの習い事を行っているお子さんでもスケジュールを気にすることなく勉強していけますし、夜間の子供の送り迎えが難しいという時でも、家庭教師であれば問題なく勉強をおこなっていくことができます。
このように、家庭教師を雇うことで負担なく中学受験に臨めるようになるのですが、アルバイトではなくプロとして活躍している家庭教師を選ぶことも頭に入れておきましょう。

学生のアルバイトとして家庭教師を行っている場合、責任感の点で大きな不安を抱えてしまいます。
充分な責任感を持って働いてもらわないと、正しい知識を得ることができませんし、せっかく中学受験にお金をかけた金額が無駄になってしまいます。
その点プロの場合には、確かな学力を持っているため、質問したとき正しい回答をもらうことができますし、働くうえでに責任感を持っているため、常に向上心を持って知識習得に励んでいます。
プロとしての自覚を持っている家庭教師にお願いすることにより、子供の学力も向上させることができるのです。

さらに、家庭教師を選ぶときには、身なりや挨拶についても確認しておくようにしましょう。
家庭教師を利用した場合、決められた時間に来てもらうことになるのですが、この時間に遅れてくるようですと信頼することができません。
また、家庭教師が来たときろくに挨拶を行えないと、社会人としてのマナーを身に着けていないと判断せざる負えなくなってきます。
中学受験では、学力だけではなく正しいマナーなども厳しくチェックされていくことになります。
子供は吸収が早いため、マナーのなっていない家庭教師と長く過ごすことにより、性格もだらしなく変化してしまう場合もあるのです。
また、言葉遣いや来る時間帯について問題がなかったとしても、身なりがおろそかになっていることで、細かな点まで気を付けることができない心配がありますので、選ぶときには時間厳守が徹底していたり身なりや言葉遣いがよい家庭教師を選んでみるとよいです。

これらの点に気を付けることで、納得してお願いすることができるのですが、中学受験のためには料金の点についても考えておかなければなりません。
中学受験のためには、追加料金がかからない適正な家庭教師を選ぶことでトラブルなくお願いすることができますので、この点にも注意してみるとよいです。

2014年4月10日