中学受験用の個別指導塾を比較するときの観点

中学受験をするにあたって、個別指導塾はとても役に立つチャンスに満ちあふれた学習手段です。以前と比べて、全国的にこのサービスを提供している学習機関も増えました。地域によってはいまだに数が限られているところもありますが、逆に選択肢の事書かない地域もあります。中学受験を成功させるにあたって、どんな個別指導塾を選んだらいいかここで考えてみましょう。
まずは「どこの中学校に合格したいのか」そして「その目的に対してどれくらいの対策ができるか」という観点です。各地域の塾は本来、個別指導塾か集団指導塾かに関係なく、地域のメジャーな中学校の受験を意識して、日々研究に励んでいるものです。希望校に関する本格的な受験対策ができるところが見つかれば、それに越したことはないでしょう。
もちろん、中学受験では費用の面も無視できませんし、使われる教材についてもなるべく情報を聞き出したほうがよいでしょう。ただしこれらについては、他の塾との比較も大事ですが、その塾が提供している講座の内容も考慮しながら検討することが大事です。中身の濃い授業をわが子に受けさせたいのであれば、費用を必要以上に出し渋ることは望ましいことではないからです。
授業に関して補足するなら「どんな受講方法をとれるのか」についても見落としてはいけない観点です。個別指導塾は、集団指導型の塾と比べて融通が利くことがほとんどですが、どれくらい便利なのかは細かく問い合わせてみないとわかりません。講師とわが子がうまくいかなかった場合に、講師を変えてほしいというリクエストを受け入れてくれるかどうかも、きちんと確認しておくほうが無難です。
このほか、設備についても中学受験では大事です。「教室のレイアウトがどうなっているのか」「落ち着いて受講できそうな環境か」についても確認したいところです。また「自習室が開放されているのか」「無料で開放されているのか」、そこについても忘れないようにしたほうがいいでしょう。
もっとも体験期間が用意されていれば、こうした観点は一発で確認できます。使えるようであれば、わが子に直接体験させるとよいでしょう。
最後に補足しますと、クーリングオフの制度を利用できるかどうかもポイントです。これが認められるなら、一定期間内に解約することが認められます。
中学受験の個別指導塾を比較したいときは、以上のようにチェックしておきたい観点はいくつもあります。選べる種類が豊富な場合は特に、結論を出すことを急ぎすぎずにじっくりと選ぶとよいでしょう。

2014年4月21日

中学受験の際、個別指導塾は子供の都合に合わせて利用しやすいです

中学受験を目指す場合、子供と保護者双方にとって相当の覚悟が要求されます。どれくらいの難易度の中学を狙うのかによっても変わりますが、たいていの場合は中途半端な意志では成功は手に入りません。特に6年生になってからは、受験本番まで油断することは望ましくありません。
そのため、状況に合わせてあらゆる対策を弄することも中学受験では大切です。最近は、昔から存在する集団指導型の塾とは別に個別指導塾が人気を集めていますが、その背景にはさまざまな理由があります。個別指導塾の教え方が適している子供がたくさんいることももちろん理由ですが、応用がよく利くという利点も忘れてはいけません。
たとえば、個別指導をする塾の場合は、他の塾との併用も困難ではありません。実際に、一般的な集団指導型の塾に通い続けながら、その合間に個別指導型の塾に講師を頼んでいるというケースも、今なら全然珍しいものではありません。もともと、個別指導型の塾は子供の学習の進み具合や得意不得意に合わせてカリキュラムを決める余地があります。そのため、子供が特に苦手な部分に絞って個別指導塾を頼むというやり方も当たり前のように行われているのです。
こうした理由から、場合によっては「普段は、集団指導型の塾に通っている子供ばかり」という個別指導型の塾も、探せば簡単に発見可能です。たとえば、集団指導型の塾でもなかなかカバーし切れない科目がある場合に、その根本的な解決を期待して個別指導型の塾に申し込む家庭もあります。あるいは、集団指導型の塾で思ったほど成績が伸びなかったり、中学受験を目指すのが遅かったりする場合に、その遅れを取り戻す目的で個別指導型の塾に救いを求める家庭もあるわけです。もちろん、個別指導型の塾で全科目を勉強することもできますし、最初はそのつもりではなかったものの、途中から指導スタイルの素晴らしさに感銘を受けて、指導を全面的に依存する家庭もありますが。
中学受験を希望する家庭にとっては、わが子の受験指導を任せるところを選ぶにあたって、何かと重宝する手段として、個別指導塾を勘定に入れておくのも悪くありません。もちろん、個別指導型の塾にもさまざまなタイプがあります。業者によってかなり異なった特徴を持っているものです。利用したくなった場合は、周辺の個別指導塾のパンフレットやホームページをはじめ、資料となる媒体をできるだけたくさんとりよせて、しっかりと吟味して選ぶことが望ましいでしょう。時間をかけて選べば、中学受験が成功する確率も高くなることでしょう。

2014年4月21日

個別指導塾というサービスは、中学受験の動向に敏感に対応してきました

中学受験を目指す小学生は少なくありません。中学受験が人気を博したのは最近のことではなく、すでに何十年も前から続いている現象です。
もっとも、中学受験については時期によって少しずつその傾向に違いを確認できます。たとえば、個別指導による指導サービスの影響です。最近は、教室に小学生を集めて授業を開くというオーソドックスな指導形式をとるところばかりではありません。個別指導塾や家庭教師の派遣を専門的に行うサービスも人気があります。特に個別指導塾は、さまざまなメリットがあることから近年注目度が高まっています。
どのような形式の学習機関であっても、最新の中学受験の事情に素早く反応して、的確な受験対策を講じられるように対応していることがほとんどですが、個別指導を中心とした塾の中には、最近増えてきた公立の中高一貫校への受験対策をセールスポイントとしているケースが目立ちます。中間一貫校はもともと、私立の学校にとても多い形態でした。いわゆる「エスカレーター式」と呼ばれるタイプに分類することも可能です。もっとも、必ずしも大学も付属となっているとは限りませんし、実際に大学受験は別途必要となることが多いのですが。
いずれにしてもこうした形態の学校の中等部に合格を果たすと、高校受験をしなくても高校に自動的に進学できることから、このタイプの学校を好む家庭もたくさんあります。ある時期から、公立の学校であっても中間一貫校の形態をとるケースが増えました。そして個別指導塾や家庭教師の派遣サービスの中には、こうした新手の中間一貫校への受験対策に力を入れているところも出ているのです。
高校への進学が約束されるという従来から続くメリットに加えて、公立であることから学費の点でもリーズナブルな出費に落ち着くチャンスがあります。これは、不景気が続いた過去20年の日本社会においては、とても魅力的なメリットとしてたくさんの保護者の目に映るものでした。わが子に楽な道を歩ませるにあたって、比較的低額の予算でもそれを実現できるわけです。
個別指導塾の側も、まさにそうしたメリットに着目して、質の高い受験対策の強化に情熱を傾けてきたといえます。このように個別指導というサービスには、比較的新しいスタイルであることを活用して、中学受験の業界に巻き起こる新しい傾向に臨機応変に対応してきたという側面があるのです。これからも個別指導塾は、受験や子供たちの学習環境を絶えずチェックしながら新しい受験指導サービスを考案していくことでしょう。

2014年4月21日

個別指導塾のほうが、中学受験を集団指導型の塾よりも目指しやすい理由

中学受験は小学校受験ほどではないにしても、どうしても子供にとっては大きな負担となります。高校受験であればほとんどの子供が経験しますし、中学3年生ともなれば、すでに精神的にもだいぶ成長しています。しかし、小学校6年生の段階ではまだ判断がつかないことも多い時期です。だからこそ、塾をはじめとした専門的な学習機関に入って勉強法や受験に対する心構えを教わる必要があるのです。
しかし、集団指導型の塾の場合、どんな子供にとっても満足な学習効果が生まれるとは限りません。集団指導型の場合、子供たちの多数派に合わせた中学受験指導を心掛ける必要が、講師には発生します。つまり、他の子供たちと比べて学習の進み具合が遅れている子供の場合、だんだんと置いてけぼりになってしまう恐れもつきまといます。これでは、小学校の授業とあまり変わりません。
しかし、個別指導塾であればその心配は無用になります。講師が一人ひとりの子供に合わせた中学受験指導を提供できるからです。中学受験の場合は小学校で教わる内容よりも高度な内容に取り組まなければならないことも少なくありませんが、そのような難しい勉強を教わる環境としては個別指導塾のほうが有利でしょう。
これは、わからないことができたときも同じです。集団指導型の塾でも、もちろん質問することは簡単にできます。しかし、質問をする子供もたくさんいますし、講師が質問を受け付けられる時間にも限度があります。また、消極的な性格の子供の場合は、質問をつい遠慮してしまう恐れもあります。こうした背景から、わからないところがそのままになってしまう可能性は集団指導型の塾では低いとは考えられません。その点個別指導塾であれば、わからないことを直接講師にぶつける時間はたっぷりあります。講師とのコミュニケーションに慣れてくれば、引っ込み思案な子供でも気兼ねせずに質問できるようになるでしょう。
講師と子供の相性が気になるところですが、これについても融通が利くことがほとんどです。個別指導塾では講師と合わない場合であれば、変更を申し入れられるケースがよく見られます。集団指導型の塾では講師を変えてほしいと頼んでも受け入れられないことが普通ですから、講師との相性が偶然合わなければ学習の効果も期待できなくなるでしょう。それに比べて個別指導塾では、相性のよい講師とじっくりと、密度の濃いカリキュラムをこなしながら中学受験を目指せるチャンスに恵まれる可能性があるのです。

2014年4月21日

個別指導塾で中学受験を狙うと、時間面でメリットが多いです

中学受験を控えた家庭で、個別指導塾を選ぶケースは最近では珍しい選択ではなくなりました。ある時期までは、中学受験といえば、著名な一部の集団指導型の塾や学習機関に頼ることが一般的でした。しかし、個別指導塾が持っている数々のメリットが認められたため、様相は突如として一変しました。
中学受験のためにこの方法がよく利用される理由のひとつに、時間面でのメリットがあります。集団指導型の塾では、同時にたくさんの児童を指導しなければなりません。つまり、不特定多数の児童を受け入れる都合上、その指導スケジュールはどうしても統一的なものになります。
これはやむを得ないことではありますが、受講する児童および保護者にとっては、必ずしも受講しやすくなるとは限りません。場合によっては、非常に過密なスケジュールを受け入れざるを得ないこともあります。欠席した場合に授業の振替を受けられる、という制度も考案されていますが、この方法では児童の希望に合わせ切れないことも少なくありません。実際に、個別指導塾が一般的ではなかった時代には、遠方から無理をしてでも一部の集団型の指導塾にわが子を通わせるケースもよく見られたものでした。子供が小学校の下校時間になったとたんに、駆け足で塾に直行して、夜遅くになってから帰宅する、といったケースも昔から当たり前のようにあるわけです。しかし小学校の時点でそこまでの過密なスケジュールを子供に負担させることには、抵抗を覚える保護者も少なくないはずです。
また、子供が他の活動で時間を定期的にとられるケースもあります。たとえば、学校の部活動です。小学校でも高学年になると、部活動に参加できることが多いですが、子供が部活動を気に入っていて辞めたくないこともあるものです。あるいは、塾以外の習い事をやっていて、それを辞めたくないというケースもあります。こうした活動と、集団指導型の塾の開講スケジュールがバッティングしてしまうケースは頻繁に起こっているわけです。
かつては、中学受験のために子供が泣く泣く、好きな課外活動や趣味を放棄する羽目になることも多かったのですが、今では個別指導塾という時間的な都合をつけやすい手段を選べます。この方法であれば、その児童の都合を優先したスケジュールを組むことができます。個別指導塾は、多忙な現代の小学生にとって、時間を効率よく使った中学受験用のカリキュラムを提供してくれる可能性が高いのです。

2014年4月21日

中学受験個別指導塾は大金を積んででもお願いしたい

最近は何だか中学受験や個別指導塾がちょっとしたブームになっているように感じますが、あなたはどんな風に感じますか?あまり興味がないかもしれませんし、今、非常に気になっているかもしれません。中学受験というのは、子供にとっては、けっこう大きな問題です。普通の中学に行くのか、それとも、有名校に行くのかは、かなりの差になります。将来、高校を受験する際に、有名校であれば、それだけ有利になるのは間違いないだろうと思います。また、世間的な評価も違いますから、高校の推薦入試の場合、有利に働く事もあるでしょう。

中学受験で勝つには、やはり塾は必要です。個別指導塾の人気は高く、入塾を希望して、説明会に行ったり、授業見学をされたりする方は後を立ちません。中学受験のために、みんな必死ですから、個別指導塾のように生徒の面倒をしっかり見てくれるような塾の人気が出るのは当然です。ちょっと考えてみてください。あなたの可愛い子供の面倒を講師がしっかりと見てくれるのであれば、大金を積んででもお願いしたいと思いませんか?

現実として、受験に勝てるかどうかは、どんな講師から何を教わったのでほとんど決まります。つまり、講師の質であなたのお子さんの合否が決まってしまうという事です。ちょっと言い過ぎのように感じるかもしれませんが、これは紛れもない事実です。ですから、個別指導塾にお子さんを通わせて受験を有利に進めたいと思う方が、たくさんいるのは、ごく自然な事です。個別指導塾なら、たとえ平凡な学力しかないお子さんでも、講師からきっちり学べば、成績が上位となり、志望校への合格も割と簡単になってしまう事もあるでしょう。

講師の存在というのは、勉強をしていく上ではかなり大きな存在です。講師のおかげで今まで苦手だった科目がなくなり、救われたという生徒は腐るほどいるのではないでしょうか?人に物を教える仕事をしている講師達は、生徒達から尊敬の目で見られている事でしょう。また、生徒の中には、将来、自分も中学受験の講師の仕事に就きたいと真剣に感じて実際になろうとするお子さんもいるだろうと思います。素晴らしい仕事ですから、かなりやりがいはあるでしょう。しかし、同時に多くの責任を背負う仕事でもありますから、実際になるのはそれなりの覚悟がいります。本気の覚悟がある人だけが講師になり、生徒達に勉強を教える事ができるのです。あなたのお子さんは将来、どんな職業に就くのでしょうか?

2014年4月21日

中学受験個別指導塾は大切なのはやはり親子の絆

中学受験を考える方が大勢いるため、個別指導塾の需要はかなり高いです。入塾を希望して実際に入る方はたくさんいます。今、あなたはもしかすると、個別指導塾に興味があり、中学受験をどうにかしたいという思いから、お子さんを入塾させたいと感じているかもしれません。

個別指導塾なら、平均点を取るのがやっとというお子さんでもそれほど苦労する事無く、成績アップが可能です。なぜなら、個別指導塾なら、自分の弱点に合わせてカリキュラムを組み、そして、弱点克服のための授業を行ってくれるからです。これは受験生にとっては、非常にありがたいと感じるはずです。どんな受験生にも苦手な部分はあるはずです。どんな問題でも全問正解できるという人は別ですが、そんな子供はほぼいませんよね?

中学受験への合格はお子さんはもちろんですが、お父さんやお母さんさんにとっても、夢の一つでしょう。自分の息子や娘が有名校に入ってくれたら、知人に自慢できるでしょうし、誇りに思えるでしょう。中学受験への成功というのは、塾選びの段階でだいたいが決まる物です。どんな塾に通うのかで、子供の未来が決まってしまうというのは、ちょっと考えると怖い話のように感じるでしょう。だからこそ、多くの人々は、塾選びに対してかなり真剣になります。塾というのは、子供を通わせるとなると、お金が掛かります。家計をやりくりしないといけませんから、塾に通わせるというのは、親にとっては一大決心とも言えるでしょう。特に収入が少ない家庭であれば、子供を塾に通わせることは、かなりの決心がないと無理なのではないでしょうか?

中学受験を希望するので、個別指導塾に通わせる。こうした事は最近ではそれほど珍しくない物です。受験競争に勝つために、人々はできる限りの事をしようとします。ある人は子供のために何冊もの問題集を買ってあげるでしょうし、またある人は塾まで車で送り迎えをされる方もいらっしゃると思います。受験を乗り切るために、親も一緒になって頑張る必要があるのが、受験という物です。子供だけが頑張ったり、親だけが頑張ったりする状態では、なかなか上手くいかないでしょう。大切なのはやはり親子の絆だろうと思います。絆がある事によって、志望校への合格確率はだいぶ変わってきますから、子供とのコミュニケーションは、なるべく毎日欠かさずに行うようにしましょう。そして、子供の成長を見守っていき、受け止めてあげましょう。

2014年4月21日

中学受験に勝つ上では極めて重要な問題

子供が中学受験を希望するため、個別指導塾を探して、色々な人の意見を聞く方もいます。また、その手の事を詳しい人に相談して、どんな塾に通うべきなのか、アドバイスをもらう方もきっといらっしゃると思います。最終的に、どんな塾に通うのが良いのかは、あなたのお子さんと十分に話し合って決めるべき事です。

個別指導塾は生徒一人に対して、講師が一人という形式の授業を行っています。生徒としては、分からない事が合った時に気軽に質問ができるというメリットがあります。大人数がいる教室で講師が授業を行う場合、恥ずかしがりのお子さんの場合、気軽に質問できず、胸の中にしまい込んでしまうでしょう。しかし、個別指導塾だったら、気軽に質問できますから、分からない所を放置したまま、先に進んでしまうという事が起きにくくなります。そのため、苦手な科目がなくなり、どんな科目であっても、コンスタントに良い成績を取れるようになるかもしれません。どんな科目であっても、しっかりと結果を残せるのであれば、志望校への合格も決して夢ではありませんよね?

個別指導塾は中学受験を希望する方が利用されるわけですが、入塾すれば合格が保証されるわけではありません。過大な期待をして入塾はしない方が良いです。合格するかどうかは、本人の努力もあるでしょうし、運も多少はあります。どんなに頑張って努力しても本番当日に、運悪く風邪をひいてしまい、受験できずに終わる可能性だってあります。塾に入る場合、合格を目指すのは当然ですが、結果を出す事にとらわれて過ぎてしまうと、大事な物を見失ってしまうかもしれません。大切なのは結果に至るまでのプロセスです。

たとえ、中学受験に失敗しても何も思い残す事がなく、笑顔でいられる事が大事なのではないでしょうか?中学受験というのは、受験者全員が成功する訳ではありません。勝つ人と負ける人がいる世界ですから、精神的に弱い人は中学受験の本番を迎える前に、諦める事もあるでしょう。

個別指導塾に通って学ぶ事は、精神的な面を鍛えるという意味合いもあります。講師と何度もコミュニケーションを取り、そして、触れ合う事で精神的に安らいだり、その人の生き方を学んだりできます。お子さんにとって、精神的な面を強化する事は、受験に勝つ上では極めて重要な問題です。メンタルというのは、知識以上に重要な物ですから、十分に気を使っていき、ストレスを上手く向き合わないといけません。

2014年4月21日

中学受験個別指導塾の講師達に相談

もしも、中学受験に失敗してしまったら?そう考えると、毎日生きているのが怖くなってしまい、家に引きこもってしまうお子さんもいるかもしれません。中学受験をされる子供の大半は、精神的な不安を常に抱えています。塾に通ってあんなにたくさん勉強したのに、志望校に合格できなかったらと思うと不安でたまらないというお子さんは多数いるでしょう。

精神的な不安を解消する方法の一つとして、個別指導塾の講師達に相談するという方法があります。個別指導塾では生徒達の不安を解消するために、相談は常時可能になっています。自分の悩みを誰かに打ち明ければ、胸がすっきりしていき、リラックスできるようになるはずです。中学受験のために、かなりのお金を払って個別指導塾に通わせるのであれば、積極的に相談して、悩みはどんどん解消しましょう。金を払っている以上、講師達を使い倒すぐらいの勢いでも良いかもしれません。

個別指導塾では、生徒によって授業の内容、授業のスケジュール、使用する教材などが違います。そのため、中学受験を控えているのに、成績が伸び悩んでいる場合、苦手な所だけを集中的に指導していく事もできます。苦手な個所が多いお子さんにとっては、個別指導は大変ありがたいシステムですよね?苦手な個所が減っていけば、確実に点数アップにつながりますし、志望校への合格に近づいていきます。成績が上がっていくのを実感できれば、やる気も上がるでしょうし、何よりも勉強しているのが楽しくなります。人は楽しんでいる時にパフォーマンスが上がりますから、ますます成績も上がっていく事でしょう。また、成績が上がれば自信につながりますから、将来、大企業に就職したり、会社の社長になったりする確率も上がっていくでしょう。何だか夢があると思いませんか?

世の中には「子供が意欲的に勉強するようになったのは個別指導塾のおかげ!」というお父さんやお母さんもいるようですね。中学受験に挑戦するなら、自分からどんどん勉強していかないと、合格を厳しいです。講師から言われた事しかできない子供は、成績というのは、それほど上がっていかないでしょう。しかし、自分で考えて自習や復習を行ったりする子供は、かなりのスピードで成績は上がっていくでしょう。塾というのは、勉強する習慣を作るための場所でもあります。あなたのお子さんが進んで勉強したいと思えるような素晴らしい講師との出会いがあると良いです。

2014年4月21日

中学受験個別指導塾をみなさん利用される

中学受験というのは、ある意味では戦争とも言えます。勝者と敗者が存在する厳しい世界です。中学受験であなたのお子さんが勝者となるためには、それなりの努力が必要です。しかし、どう努力していいのか分からないというお子さんは、そこら中にいるのではないでしょうか?何をいつまでにどれぐらい勉強すればいいのかって、自分一人では簡単には分からないでしょう。そこで中学受験対策のために、塾をみなさん利用されるわけです。

塾に入りそして中学受験のために猛勉強するというのが、競争を勝ち抜く上で重要です。しかし、一般的な塾だと、講師が生徒一人一人に構う事ができず、脱落してしまう生徒が必ず一定数います。自然淘汰と呼ぶべきなのでしょうが、個別指導塾なら淘汰されずに中学受験のためにずっと生き残っていけるかもしれません。個別指導塾は生徒一人に対して講師一人が普通です。そのため、もしあなたのお子さんが分からない部分が多い子供だとしても、一個ずつその問題を解消していけます。生徒に対して個別に対応できるのが、個別指導塾の強みです。この強みこそが、個別指導塾の人気が出ている理由なのです。

個別指導塾の人気がどれぐらいあるのかは、ネット上で検索してみればすぐに分かります。膨大な数のサイトが出てくるため、需要の高さが目に見えて実感できるでしょう。これだけ人気があるのですから、興味を持ち、実際に入塾される方は後を立ちません。「どうしても自分の子供には志望校に合格してほしい!」そんな思いから通わせるお父さんやお母さんはそこら中にいるように見えます。個別に対応できるというのは、誰にとっても魅力的なはずです。成績優秀でほとんど手のかからないお子さんは別ですが、普通のお子さんは個別対応でないと、受験に勝てるだけの学力を身に付けるのは厳しいかもしれませんね。

受験というのは真剣勝負です。勝つためには他人より努力するしかありませんが、それ以上に、素晴らしい講師から教えてもらう事が必要です。教え方が下手な講師から学ぶのと、教え方が上手い一流のベテラン講師から学ぶのとでは、あなたのお子さんの成績は天と地ほどの差が出てくるでしょう。受験というのは、本人の努力だけでは限界があります。受験は残酷ですが、教えてもらう講師によって、大方の合否が決まってしまう世界です。塾を選ぶ場合、どんな講師が教えているのかも、事前にしっかりとチェックしないといけません。

2014年4月21日