中学受験に勝つ上では極めて重要な問題

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

子供が中学受験を希望するため、個別指導塾を探して、色々な人の意見を聞く方もいます。また、その手の事を詳しい人に相談して、どんな塾に通うべきなのか、アドバイスをもらう方もきっといらっしゃると思います。最終的に、どんな塾に通うのが良いのかは、あなたのお子さんと十分に話し合って決めるべき事です。

個別指導塾は生徒一人に対して、講師が一人という形式の授業を行っています。生徒としては、分からない事が合った時に気軽に質問ができるというメリットがあります。大人数がいる教室で講師が授業を行う場合、恥ずかしがりのお子さんの場合、気軽に質問できず、胸の中にしまい込んでしまうでしょう。しかし、個別指導塾だったら、気軽に質問できますから、分からない所を放置したまま、先に進んでしまうという事が起きにくくなります。そのため、苦手な科目がなくなり、どんな科目であっても、コンスタントに良い成績を取れるようになるかもしれません。どんな科目であっても、しっかりと結果を残せるのであれば、志望校への合格も決して夢ではありませんよね?

個別指導塾は中学受験を希望する方が利用されるわけですが、入塾すれば合格が保証されるわけではありません。過大な期待をして入塾はしない方が良いです。合格するかどうかは、本人の努力もあるでしょうし、運も多少はあります。どんなに頑張って努力しても本番当日に、運悪く風邪をひいてしまい、受験できずに終わる可能性だってあります。塾に入る場合、合格を目指すのは当然ですが、結果を出す事にとらわれて過ぎてしまうと、大事な物を見失ってしまうかもしれません。大切なのは結果に至るまでのプロセスです。

たとえ、中学受験に失敗しても何も思い残す事がなく、笑顔でいられる事が大事なのではないでしょうか?中学受験というのは、受験者全員が成功する訳ではありません。勝つ人と負ける人がいる世界ですから、精神的に弱い人は中学受験の本番を迎える前に、諦める事もあるでしょう。

個別指導塾に通って学ぶ事は、精神的な面を鍛えるという意味合いもあります。講師と何度もコミュニケーションを取り、そして、触れ合う事で精神的に安らいだり、その人の生き方を学んだりできます。お子さんにとって、精神的な面を強化する事は、受験に勝つ上では極めて重要な問題です。メンタルというのは、知識以上に重要な物ですから、十分に気を使っていき、ストレスを上手く向き合わないといけません。

2014年4月21日